海外留学のウォームアップ。通信教育で英会話

メニュー

ニュース

2013/10/15
目的
2013/10/15
メリット
2014/03/04
スピードラーニング
2014/05/02
リスニングパワー
2014/07/24
スカイプ英会話とは

語学留学

ryuugaku

英会話を身に付ける方法の1つに、語学留学がある。語学留学は、語学の習得を目的とする海外留学である。
語学留学をすることによって、生活の中で語学を学ぶことができる。その結果、実践的な語学力が養われると期待できる。

語学留学では、留学先の語学学校に入学するのが一般的である。語学学校では、留学生に対するフォロー体制が充実している。語学学校には、私立の語学学校と、大学が運営主体となっている大学付属の語学コースの2種類がある。
語学学校では、対象とする言語の習得を目的としたカリキュラムが組まれている。通常の学校と同じように、月曜~金曜までの授業が行われるのが一般的である。
授業内容は、語彙・文法・読解・会話・聞き取り・作文などである。その他、各語学学校が独自のプログラムを実施していることもある。例えば、キャンプやスポーツといった体験型学習などがある。

語学留学には、様々なコースがある。海外の大学への進学を目標とした進学準備コースや、ビジネスマン向けのビジネス英会話コースなどもある。
スポーツや芸術、ボランティアなどのプログラムと、語学留学を組み合わせたプランもある。

留学先

gogaku

英会話を習得できる語学学校は、全国各地に存在する。一般的には、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアといった英語圏諸国の人気が高い。それらの国の語学学校には、世界各国からの留学生が集まっている。

【アメリカ】アメリカの語学学校は、大学のキャンパスで学べるコースが多い。そのため、現地の大学の雰囲気を味わったり、大学生との交流を楽しむことができる。
【カナダ】カナダでは、英語とフランス語の二カ国を公用語としている。よって、2つの言語の習得を希望する人に人気が高い。カナダは、一般に語学教育が盛んであると言われている。日本人スタッフがいる外国語学校も多い。
【オーストラリア】オーストラリアは、語学教育に熱心な国だと言われている。それは、移民を幅広く受け入れていることとも関係している。公立の語学専門学校が存在する。
【イギリス】有名大学が多いため、教育水準が高い。海外留学先として、安定した人気がある。正統派の英語を習得したい人には、特に理想的な環境である。

クラス

語学学校では、生徒の英会話レベルに合わせたクラス編成が成される。中学1年生レベルの初心者を対象としたクラスから、現地のビジネスや大学の授業への参加を目指すレベルまで様々である。
語学学校に留学した初日に、レベル分けのためのテストが行われるのが一般的である。その後、各クラスでレベルに応じた授業が行われる。
以下に、語学学校における英語レベルの目安と内容を示す。

【初心者レベル】英検5級程度。中学1~2年生レベルの文法・ボキャブラリー・語彙といった基礎的な内容が中心となる。
【初級者レベル】英検4級程度。中学3年生レベルの基本文法を使って文章表現など。読解やライティングの授業も行われる。
【中級者レベル】英検3級~準2級程度。長文読解や英作文など。簡単な英会話だけでなく、討論型の練習も行われる。
【中上級者レベル】英検2級~準1級程度。ビジネス英語や試験対策など、目的別のクラス選択がある。エッセイやスピーチなど、英語を使った表現を学ぶ。
【上級者レベル】英検1級程度。大学の基礎教養科目やビジネス会議を想定したレッスンが行われる。ビジネス文書やレポートの書き方を学ぶこともできる。
【マスターレベル】ネイティブ並みの英語力を修得するための内容となる。ビジネス交渉ができる会話力、論文が書けるライティング力が養える。